香港で沖縄料理と泡盛とおでんと焼き鳥を楽しめる店 古酒家えん

しゃぶしゃぶの肉は肉であれば何でもいいというわけではありません。おいしく頂くためにちょっと、しゃぶしゃぶについて調べてみましょう。
中国料理には涮羊肉(シュアン羊肉)という料理があります。これは、羊肉でしゃぶしゃぶする料理で、冬に頂くものです。|
この料理がしゃぶしゃぶのルーツとされています。

日本でのおなじみのしゃぶしゃぶは、1948年ごろ羊肉を牛肉に変えたのが始まりとされています。

中国では、最高の羊肉料理とされ、凍らせた肉を紙のように薄く切るのが美味しく食べるコツと言われています。これは日本でも同じですね。

日本で使われている和牛は、一言にいっても多くの種類がありますが、高級和牛の代表格である「松坂牛」「神戸牛」「米沢牛」などは、「黒毛和種」という種にあたります。この種はやわらく細かい脂肪が入った「霜降り」が有名ですね。

栄養素としては、タンパク質が豊富です。タンパク質とは20種類のアミノ酸が結合して出来たもので、うち9種類は必須アミノ酸といって、食事からしか摂取できません。これらのタンパク質は体を維持していくために必要不可欠なものなのです。

とくに多いのが「カルニチン」という脂肪酸の代謝を促進する働きがあるアミノ酸です。ダイエットをしても、このカルニチンがなければ、うまく代謝できずに脂肪はたまっていってしまいます。とくに、年齢をかさねると、働きが低下してしまいます。肉類のタンパク質は良質とされており、体にとってとても重要な食品なのです。

さらに、肉は、茹でると脂肪が減りますから、薄く切った肉を湯にくぐらせるという食べ方は実に理にかなった料理法といえるのですね。さて、どのように頂くの一番美味しいのか。まず、薄く切られた牛肉は芸術品とまで称される美しさです。で楽しみましょう。

それから、沸騰しているお湯に一枚、「しゃぶ、しゃぶ」ととなえながら、泳がせましょう。そうすると、赤いお肉ピンク色になってきます。この段階でもうお湯から出して下さい。

余熱でだんだんと白っぽくなっていきます。お肉が薄いのでこれでいいのです。この瞬間が一番ジューシーなのです。

一枚目はタレをつけずにそのまま頂くと、お肉の素晴らしさが分かりやすいです。そして、二枚目からはお好みのタレをつけて食べる。
シンプルな食べ方ですので、余計な事を考えずに味を楽しむ事ができるでしょう。

 
En Group All Rights Reserved.